九州大学工学部(伊都キャンパス)親の受験対策!~宿泊場所・アクセス情報まとめ

九州大学工学部 伊都キャンパス受験情報

我が家のチビ一号が、九州大学工学部(伊都キャンパスにて)を受験するかもしれないという事で(まあ無理なんででしょうが)受験に当たっての宿泊ホテル・アクセス(移動)手段について調査しましたので、今後受験される方の参考にでもなればと思いアップしておきます。

九州大学伊都キャンパスとは

九州大学のHPより抜粋させてもらっています。

九州大学は、「時代の変化に応じて自律的に変革し、活力を維持し続ける開かれた大学の構築」、「それに相応しい研究・教育拠点の創造」をコンセプトに、箱崎地区、六本松地区、原町地区のキャンパスを統合移転し、福岡市西区元岡・桑原地区、糸島市(旧前原市、旧志摩町)にまたがる新キャンパス(伊都キャンパス)を建設中です。2005年(平成17年)10月には移転を開始し、工学系の活動が展開しています。糸島半島の豊かな自然と都市近郊にある利便性を活かし、産官学の連携によって整備される学術研究都市の核として、新キャンパス(伊都キャンパス)が稼動しています。

伊都キャンパスで受験する際の宿泊情報

試験前日の宿泊エリアは、移動手段の事を考えると「博多駅付近」か「天神駅付近」で決まりです!

しかし受験シーズンの福岡市内のホテル予約はかなり厳しいのが現状です。

嫁に頼まれて年末に予約サイトをチェックしたのですが時すでに遅し。ほとんど選択の余地がないぐらい埋まってしまってました。(超焦りました)

センター試験が終わり、受験する大学が決まってからではもう遅いですね!

ほとんどのホテルは、2~3日前までに予約取り消しを行えばキャンセル料はかかりませんので、遅くとも12月の前半ぐらいまでには押さえておきましょう!

博多駅近辺のホテル

  • 博多駅近辺(徒歩5分以内)にはビジネスホテルが数多く立ち並んでいるので宿泊料金はかなりリーズナブルです。数も多いので余裕で予約できると考えていたのですがほぼ全滅でした。1泊だけだったら若干空いていたのですが、2連泊で同じホテルに泊まるとなると選択の余地が全然ありませんでしたので注意が必要です。
  • 博多駅からの出口(博多口/筑紫口)が分かればホテルにたどり着く事ができるので、博多に土地勘が無い方にはおススメのエリアです。
  • カプセルホテルだったら多数空いていましたので、男性ならとりあえずキープで予約しておきましょう。個室タイプを選択すると、勉強するテーブルが付属している部屋も存在しました。
  • 博多駅から、地下鉄・バスと複数の交通手段があるのでおススメです!

天神駅近辺のホテル

  • さすが商業地のど真ん中だけあって、博多駅近辺と比較するビジネスホテルの数は少なめです。(それでもかなりの数がありますが)
  • 天神エリアはビルがズラリ立ち並んでおり、天神地区の土地勘が無い方はホテルや天神駅までの移動に苦労するかもしれません。土地勘の無い方には博多駅エリアをおススメします。
  • 天神駅の前後の地下鉄沿線でも数件ありましたので要チェックです。

伊都キャンパス近辺

  • 伊都キャンパスから一番近いであろうホテル「HOTEL AZ 福岡糸島店」「ホテルニューガイア糸島」は、相当前から予約しておかないと宿泊は難しいみたいですね。移動手段の事を考えるのが億劫でしたら、一年前ぐらいから予約しておきましょう。(笑

センター試験後にキャンセルが発生するはずです!

  • センター試験&自己採点が終了し、受験大学が決まっていくに連れ、ホテルの空き(キャンセル)がポツポツ出てきます。(昨年大学受験の知人談)センター試験終了後はこまめに予約サイトをチェックしましょう!
  • 2016年のセンター試験終了後にちょこちょこ予約サイトを確認しましたが、ほとんど空きはでませんでした。まあ価格が高いホテルのみ残っているって感じです。

伊都キャンパスへのアクセス(移動)手段

伊都キャンパスへの移動は「地下鉄+バス」を併用する場合と「直行バス」を利用する二通りの移動手段が考えられます。(もちろん徒歩や自家用車利用もありますが)

直行バス利用(博多駅:約55分 天神:約43分)

  • 伊都キャンパスへは、博多駅から天神を経由した西鉄の直行バスが運行しています。平日だと7時台に9本。8時台には8本程運行。次から次へとやってくるのでちょいと乗り過ごしても安心です。また「急行」と「エコルライナー(途中停車が少ない)」の二種類がありますので西鉄バスのHPでしっかりチェックしてみてください。
  • バス移動のメリット
    直行バスなので、乗り換え無しで伊都キャンパスまで移動可能です。座る事が出来れば、試験前の勉強時間を確保する事が可能です。
  • バス移動のデメリット
    博多駅から天神までは下道での移動になります。朝の通勤時間帯と重なるため、天神地区の道路状況により到着が遅くなる場合があります。時間に余裕をもった移動が必要となります。またバス車内は人で溢れかえりますので、移動で疲れ果てないように気合を入れておきましょう。
  • 博多駅から(約55分 650円 )・・・博多駅の博多口側「博多駅A」停留所から直行バス(西鉄バス[急行]九大伊都キャンパス(工学部前)行)に乗車
  • 天神から(約43分 600円)・・・「天神2B(ソラリアステージ)」および「天神北(3)」停留所から直行バス(西鉄バス[急行]九大伊都キャンパス(工学部前)行)に乗車
  • 試験当日のみJR博多駅から都市高速経由伊都キャンパス行きの直行貸切バスが運行されるみたいです。⇒ 昨年の臨時バス情報 完全予約制で確実に座れるみたいですのでコチラも要チェックですね!(受験票が送られてきた封筒の中のチラシ、及び九大のHPで案内がありました)

地下鉄+バス利用(博多駅:約43分 天神:約37分)

  • 博多駅から(地下鉄510円+昭和バス200円)
    地下鉄「博多駅駅」(姪浜・唐津方面行き)に乗車し「九大学研都市駅」で下車。「九大学研都市駅」から昭和バス「九大総合グラウンド」に乗車します。(姪浜駅で一部JR筑肥線へ乗り換え)
  • 天神から(地下鉄510円+昭和バス200円)
    地下鉄「天神駅」(地下鉄空港線:姪浜・唐津方面行き)に乗車し「九大学研都市」駅で下車。「九大学研都市駅」から昭和バス「九大総合グラウンド」に乗車します。(姪浜駅で一部JR筑肥線へ乗り換え)
  • 「姪浜駅」からJRに乗り換えとの情報がありますが、相互乗り入れを行っており、地下鉄で「西唐津行き・筑前前原行き」などの電車に乗車した場合は、姪浜駅での乗り換えは不要となります。

終わりに

このページはチビが九州大学工学部を受験するであろうがために調べた内容です。十分注意して記載したつもりですが、間違いがあるかもしれませんのでご参考程度にご利用いただければ幸いです。

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事(皆さんこんな記事も読まれています!)

Facebookアカウントでコメントする!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ