腹膜炎(軽症)の痛みってエグイですね 其の壱~いきなりの激痛で急患センターに駆け込みました!

先週の出来事。仕事中からみぞおち辺りに違和感があったのですが・・・。自宅に帰って食事後にテレビを見ながら寛いでいると、突然腹部に激痛が!

しばらく横になれば収まるかと横になれどもさらに激しい痛みが・・・

あまりの激痛に耐えきらず、嫁に運転してもらい「北九州市立第2夜間・休日急患センター」へ搬送してもらいました。我が家から直近の急患センターは、八幡西区コムシティの地下一階エリア。立体駐車場から直接センターに入れるようになっています。
北九州市立第2夜間・休日急患センター入口

病院に行く事が決まり痛みが若干落ち着きを見せたと思いきや、その道中さらに激しい痛みが襲ってくるではないですか!これはかなりヤバイ状態かと脂汗をかきながらiPhoneのパスワード・会社の電話番号・上司の名前を嫁にメモってもらいようやく到着。(到着までメチャ長い時間でした)

以前チビの夜間救急に行った経験があるのですが、患者さんが多くかなり待たされた記憶が・・・。待ち時間この痛みを耐えれるのか???と思いきや、ラッキーな事に先客は2名のみのガラガラ状態でした。

スポンサーリンク

 

コチラの診療科目は、内科・外科・整形外科の三科目。中学生までは「小児救急センターで受信をお願いします。」となっていますので注意が必要です。
診療科目@北九州市立第2夜間・休日急患センター

看護師さんからの簡単なヒアリング後、10分程して先生の診察となりました。状況確認と触診があり、レントゲンと血液検査を実施するとの事。

患者さんが少なくてラッキーでした。レントゲン撮影終了後5分程度で画像が出た模様。(レントゲン室のチャイムが鳴ったらすぐに呼ばれました)

レントゲン画像が出ましたが、先生曰く特に異常箇所は見つからないとの事。①患部を押しても痛くない。②痛みに波がある。等々から尿路結石の疑いもあるが、背中は痛くないんですよねと煮え切らない先生のお言葉・・・。

血液検査の結果がでるまで時間がかかるので、痛み止めの注射と点滴治療を行うとの事。

痛み止めの注射が効いたのかベットの角度が良かったのか、ちょいとスマホをいじる余裕も出てきました。(ココで余裕を見せたのがマズかった)
点滴@北九州市立第2夜間・休日急患センター 点滴中@北九州市立第2夜間・休日急患センター

血液検査の結果、CRP定性(炎症の発生の有無)が気持ちだけ出ているだけで、今すぐ死ぬような症状は出ていないとの事。

「帰れますか?」との質問。痛みも小康状態だったので、痛み止めの薬を処方してもらい、自宅へ一旦帰る事となりました。(急患センターには入院施設がないので、もし入院となると他の病院に転送とかの手続きが必要になり、結構大変とか聞こえてきました・・・)

しかしこれからが地獄だった!

帰ってから1時間ぐらいは何となく調子が良かったのですが・・・

いざ横になって寝ようにも激しい痛みが・・・。横向き・うつ伏せ等々試してみましたが全滅。唯一座っている時が痛みが一番和らぐという事で座椅子を布団の上に置いて夜を明かしたのですが、結局一睡もできず朝を迎えたような・・・。

救急車を呼ぶ事も考えましたが、痛みに耐えた私を褒めてやってください。

北九市立第2夜間・休日急患センター情報

診療案内@北九州市立第2夜間・休日急患センター

スポンサーリンク

Facebookアカウントでコメントする!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ