四十路超えのオヤジが無謀にも「普通自動二輪免許」取得を決意!善は急げです・・・

最近チビ達(高校生と中学生)が休みの日に相手にしてくれず、ちょっと寂しい(暇な)感じの日々を過ごしています。

昨年末に敢行した久ぶりの家族水入らずの旅「鹿児島呑み食べ歩きツアー」で訪ねたお店がメチャ良くて、楽しかった記憶が沸々とよみがえり、今度はちょっと近場にでも一人呑み歩きツアーでも決行してみようかと企んでいる所です。

しかし自家用車はチビ達の部活の送迎とかで使えない。また高速バスを使う事も考えましたが、旅先での足が無くなりちょっとした観光も出来ない。

そこで思い立ったのがバイクを利用したツーリング旅行です。

現在所有の自動車免許で乗れる原チャリ(50cc以下)で旅を決行してみようかとも考えましたが、制限速度の30Kmでは超近場にしか行けない&絶対に速度オーバーで捕まり悲しい目に合うと言う事が想像出来た事から断念。

しかしここであきらめきれず、これまで手を出せていなかった(大学生の時に無性に欲しかったが泣く泣く断念)普通自動二輪免許を取って小型のバイクを購入する事にチャレンジしようと考えた訳です。

さらに後押ししたのが、125cc以下の原付2種だったら事故った場合の任意保険が、自動車保険のファミリーバイク特約を使うと保険料がかなり格安でまかなえる(新規に二輪の保険に入ると結構いい料金がかかります)事を知り得たからです。

新規加入+250ccクラスのバイク+人身傷害無しで、年間約30,000弱程度かかるのに対し、原付2種(125cc以下)でファミリーファイル特約(人身傷害無し)を使用すると年間約7,000円程度で済むんです。(人身傷害有りでも約17,000円)

保険・税金がほぼ原チャリと同じであれば、貧乏な私でも維持出来るかと思い、まずは免許取得にでもチャレンジしてみようとなった訳なんです。

普通自動二輪免許。40歳を過ぎたオッサンには、かなり無謀な挑戦ですよね!

原チャリに乗った事があるといっても、もうすでに20年前・・・

しかし今回は行動が超早かった。思い立った翌日には情報収集という事で説明を聞きに&現場の雰囲気を掴みたく早速自動車学校を訪ねていました。

今回セレクトした自動車学校は、我が家から車で10分程度(一番近いかな?)&付近で一番教習料金が安かったであろう「黒崎ドライビングスクール」さんです。

スポンサーリンク

普通自動二輪免許について説明を聞きにいった

まずは免許の種類。今回の一番の目的が125cc以下の原付2種に乗りたいだけだったので、普通自動二輪(小型限定)の取得も考えました。(10時間の技能教習だけで免許が取れる&教習料金が普通自動二輪より3万ほど安い事もあったので)

しかし400ccまで乗れる普通自動二輪でもいいかな?とちょっと迷っていたのですが、たまたま受付で説明を受けていた時に出くわした二輪担当教官の強い薦め(丁寧な説明)も有り、かなり普通自動二輪に心が傾きました。(後々バイクに乗るのが楽しくなったら、絶対に大きいバイクが欲しくなりますよとかの甘い囁きもありました)

まあ教官の方の話し方も丁寧でちょっとひと安心。(二輪教習は、こんな事も出来ないの?みたいに厳しい指導が待っているようなイメージがあったのですが・・・この歳になって、あまりガミガミ言われたくないですもんね!)

とりあえずそこで即決せず、申込み用紙をもらって自動車学校を後にしました。

ここで最大の難関

ここからが最大の難関。嫁の了解を取らねば先に進みません。

まあ完全に自分の趣味みたいなもんなので、教習代金&もしバイクを購入する際の代金も確実に嫁は出してはくれないでしょう!

とりあえずお金(教習代等々)は自分で何とか用意しようと心に決め、隠し金庫の残高&所有している株価をチェック等々。何とか教習代金+欲しいバイクの頭金ぐらいは用意が出来そうな目途が立ったので、軽く嫁に相談。

最終的には、絶対に家計には迷惑を掛けない(家計から金は出さない)という厳しい条件を呑んで何とかOKをもらえました。(ここが本当に最大の難関ポイントでした!)

早速教習申し込み

時は急げと教習の申込み。入校式が水曜日か土曜日のどちらから選択可能であったので、早速その週の土曜日に入校式を迎える事を決定。入校式の前日までには申し込み手続きを行ってくれとの事だったので、水曜日の仕事終了後に申込みに行ってきました。

取得する免許は、前日までさんざん迷った(お金と時間の問題)のですが、後々の事も考え「普通自動二輪」を選択しました。

補習料金(ストレートでいかなかった場合)を含んだ安心パックの料金設定もありましたが、お金に余裕もなかった事もあり一番安く済むノーマルコースを選択。(40過ぎたオヤジには無謀なチャレンジですかね。これで1時間でもオーバーして補習料金が発生したら地獄が待っています・・・)

事前に記載していた申込み書と写真(入校案内のパンフレットに証明写真が必要とあったので慌てて昼休みに撮りにいった)を提出したのですが、かなり残念な事に眼鏡を外した状態での写真が必要との事。昼休みにわざわざ撮ってきた写真(700円)が無駄に終わってしまいました。

また教習料金をカードで払うと告げると、現金払いだったら気持ち値引き出来ますとの事。(まあ加盟店がカード会社から取られる手数料もバカにならないですもんね!)入校日当日での支払いでOKとの事だったので、現金での支払いに変更しました。(ほんの気持ちお安くなり、ちょっと得した気分になりました)

手続きを進めていると、途中団体さんが受付で何かしら説明を受けている模様。何なのか聞いてみると、水曜日に入校した方々が入校式を終え教習の手続き&受付の仕方なんかの説明を受けているとの事。

ちょうと卒業シーズンにぶつかってしまい、卒業間近の高校生みたいな若者がうじゃうじゃいました。

これだけ人が多いと、何時になったら卒業できる事か・・・

時は急げと早速ヘルメットを購入

自動車学校の申込みを終わるとすぐさまヘルメット購入に走りました。(自動車学校で貸し出しもあるけど、ちょっと臭いとかの噂もあったので・・・)

事前にネットで調べ値段も手頃そうだった「OGK kabuto」の製品にほぼ決定。頭のサイズを図ってLサイズだなと思っていましたが、一応試着してから購入と南海部品さんを訪ねました。

実際にLサイズをかぶってみるとかなり窮屈で耳が痛い。XLサイズを試着しいい感じだったのでさあ購入しようかと思いきや、あまりにネットとの価格差があったので南海部品さんでは試着のみ(南海部品さんスミマセン)現物は通販(Amazon)で購入し、注文して2日ほどで自宅に到着しました。
helmet001

また手袋も必要とあったので、寒さ対策も含め(2月の一番寒い時期なので)作業用のフリース内蔵の皮手袋を購入。本物のバイク用は結構高かったので・・・

ヘルメットと手袋も揃い準備万端。これで入校式を迎える準備は整いました。

ワクワクと嬉しさ半分。40歳過ぎたオヤジがでストレート(補習無し)で免許が取れるのかと心配半分といった感じで入校式を迎えます。

スポンサーリンク

Facebookアカウントでコメントする!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ