第18回日本一山香エビネマラソン大会のハーフマラソンにチャレンジ!初マラソンの結果は如何に?

2015年5月4日ゴールデンウィークのど真ん中、大分県杵築市山香町の杵築市役所山香庁舎前多目的広場をメイン会場として開催された「第18回日本一山香エビネマラソン大会」ハーフマラソンの部に出場してきました。
第18回日本一山香エビネマラソン大会

実はマラソン大会出場は今回が初めて!

1ヶ月前ぐらいに急遽出場が決まり、まずは格好からとマラソン用品も買い込んで順調にトレーニングを積んできたはずだったのですが・・・

⇒ 四十路オヤジがマラソン大会出場決定!5/4開催予定の日本一山香エビネマラソン大会に出場します!
⇒ CW-Xのスポーツタイツ ジェネレータモデル(ロングタイプ)&ランニング用品を買い揃えました!

何と大会2週間前になって、右ふくらはぎ肉離れ発生

それまでハーフで2時間を切る事を目標にトレーニングを続けていたのですが、歩くのもままならない状態に陥ってしまい、それから1週間は痛みが取れるまで安静。痛みが取れた頃からプールで軽くリハビリを開始。

さらに大会5日ぐらい前になってようやくジムでのトレーニング開始。と言ってもクロストレーナーで汗を流す程度といった感じで、大会直前にも関わらず全く外でのランニング無しの状態で大会に臨みました。

ジムのトレーナーからはもう若くないので、1ヶ月は様子を見た方がいいと恐ろしい事を言われましたが、まあ痛み&張りも出てない事から勝手に問題なしと判断し強行出場してきました。(病院行った方がよかったのかな?)

当日は会場までJRで移動

当日はチビの部活送迎があり車が使う事が出来ず、JRを利用して会場まで移動となりました。

黒崎駅7時2分発の特急ソニックに乗り込み宇佐駅まで移動。そこから普通列車に乗り替え会場近くの駅(中山香駅)に到着しました。笑ったのが宇佐駅での乗り継ぎ時に発見した「USA」の文字。一瞬ココはアメリカかと思っちゃいました。(笑)
宇佐駅@山香エビネマラソン大会 ココはアメリカ?@山香エビネマラソン大会

メイン会場到着

最寄駅(中山香駅)から10分程度歩き会場に到着すると、まだスタートまで1時間もあるというのにすでに多くのランナーがアップを開始しています。(初めてのマラソン大会出場だったので、ちょいと焦っちゃいました)

まずはゼッケンをもらうために受付会場へ。

するとラッキー賞なる当選番号一覧が張り出されているではないですか。とりあえず当選番号をチェックすると、その中に何と私の番号が!!!「大分県信用組合協賛賞」なる物が当たっていました。商品はマイクロファイバータオルセット。しっかり自宅に持ち帰りましたが、未だに何に使えるのかは不明です?
ラッキー賞ゲット@山香エビネマラソン大会

幸先良い滑り出しに気分よく準備を済ませ、余裕をこいて10分前にスタート地点に移動すると、すでにヤル気満々の方々がスタート時刻をまだかまだかと待ち構えています。(まあこれらの方々と張り合う事はまず不可能なので)
スタート地点@山香エビネマラソン大会 出場選手@山香エビネマラソン大会

午前10時ジャストに号砲???

10時ジャストにハーフマラソンの部がスタート。(スタートのピストルは鳴ったのかな?)

足の怪我の事もあって大会前に十分な走り込みも出来なかったので、今回の目標はタイムではなく最後までゆっくりでもいいから走り抜く。とりあえず完走です!

スタート直後に結構傾斜のある坂を下って平坦な道路へと進みます。(この急坂がゴール間近の死のロードとなるとは、この時点で想像もしていませんでした)

狭い道路に人がぎっしりひしめきあっており、かなりスローペースでの滑り出し。このペースだと3時間以上掛かっちゃうんじゃって感じでした。

しかしこのスローペースが良かったのか、足の痛みも無く順調な滑り出し。

これはいい感じかと思っていると、何と5kmを過ぎた辺りの下り坂で突如ふくらはぎに違和感が・・・

まあ残り15kmもあるんで、これ以上痛みが出たらリタイヤしようと考えながら走っていると、さらにかかとや足裏といろんな所に痛みが出始め、そのおかげでふくらはぎの痛みが中和されていたような???

ちょうど12km辺りが折り返し地点だったかな?この辺りでは足の感覚がかなり鈍くなっており、半分過ぎた事だしまあ何とかなるだろうと頭の中から棄権の文字は消えさっていました!
折り返し地点@山香エビネマラソン大会

ここから先は給水地点のバナナの栄養補給に助けられながら(こんなにバナナが美味しいとは思いもしませんでした)残りも徐々に少なくなっていきます。

ついに残り1kmの所で最後の給水所???まあ残りわずかでしたが、最後にまたまたバナナを喰ってエネルギー補給。さあラストスパートです。

ラストスパートと思いきや、何故最後の最後で給水所があったかが判明。そこからゴールまで残り1km急坂が待ち構えていたんです。そうなんです、スタート直後に下った急坂が待っていたんです。

足の感覚はほぼ無くなっており、ふくらはぎの痛みもあまり感じません。最後の力を絞り出し、ようやく坂を登り切って多目的広場へ入るとあとはゴールを目指すのみ。

多くの歓声に迎えられながら何とかゴールする事ができました!
ゴール地点@山香エビネマラソン大会

タイムは2時間23分01秒

ゴール地点で完走証を受け取ると、それまで張りつめていた緊張がふと解けてしまいふくらはぎに激痛が!!!(その後は、歩くのもままならない状態でした)
完走証@山香エビネマラソン大会

まあ代償は大きかったですが、何とか気合でゴールを迎える事ができました。

その後着替えを済ませ、すぐさまビールで祝杯!

まさに至福の瞬間でした!

ラップタイムはこんな感じ

走行距離@山香エビネマラソン大会ラップタイム1@山香エビネマラソン大会
ラップタイム2@山香エビネマラソン大会ラップタイム3@山香エビネマラソン大会

まあ続きは後ほど

スポンサーリンク

Facebookアカウントでコメントする!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ